デリケートなところは医療系が安全

MENU

デリケートなところは医療系が安全

脱毛しようと思ったきっかけ

私は医療クリニックでビキニラインの脱毛をしました。場所は今は大崎に移っていますが、私は通ったときは五反田にあったナグモクリニックです。
今、若返りで有名になられた南雲医師が院長を務めるクリニックです。

 

私は若い頃、太もものところに太い毛が生えてきていて水着を着るときも恥ずかしい、勿論日々の下着を付けていてもそこから太い毛がはみ出てきているのを見るのはとても恥ずかしくていつも毛抜きで処理をしていました。でもそうしているうちに今度は毛が皮膚に埋もれてしまい、それを毛抜きでひぱっぱり出してまた抜くときことを繰り返していました。皮膚も痛み血が出てしまうこともたまにありました。若いうちはここに毛が生えていること自体がとても恥ずかしくて、エステに行くのもお金が用意できずにいました。そんな時に医療クリニックでも脱毛ができることを知り、一か八かでそこに行ってみたのがきっかけになりました。

 

医療脱毛のレーザー脱毛とは:

クリニックでおこなう医療レーザー脱毛はレーザーの熱によって、むだ毛・毛根にダメージを与えて二度とむだ毛が生えてこないようにする施術法です。

 

そして医療レーザー脱毛の特徴はむだ毛以外にダメージを与えない点です。レーザーというと皮膚へのダメージなどが心配されますが、医療レーザーはむだ毛の色素のみ反応するため皮膚にダメージを与えることはありません。 

 

引用元 永久脱毛の取扱説明書

脱毛してもらうのも恥ずかしいけど

場所が場所だけに脱毛してもらうのも恥ずかしいと思っていたのですが、看護師さんたちは慣れているようで全くこちらのことを気に留めるでもなく淡々と処理をしてくれました。

 

私の場合は医療技術での永久脱毛になりました。初めて分かったことですが永久脱毛をキチンとできるのはエステではなく医療クリニックでしか認めらていない方法があるとのことで、エステでは使えない器具もクリニックではオッケーということでした。

 

私の場合はまず脱毛部位に軽く麻酔をして、それからそこにニードルと呼ばれる毛根処理機を入れて一本一本を確実に処理してくれるものでした。麻酔をしているとはいえ多少の痛みは伴いますが、これも恥ずかしい思いを逃れるための我慢ということをひたすら思い返しては施術をしてもらいました。

 

体験後はまったく生えない

そこへは、毛が生えてきたらまた抜きに通うというかなりアバウトな方法で通いました。もちろん行く日はその前に予約が必要ですので予約は取っていきます。段々と毛も生えてこなくなるので行く回数も10回あったかどうかくらいで私も通うのが億劫に思う前に結果がでてきたと思います。

 

あれほど恥ずかしいと思っていたところがきれいになったのですから、世の中の普通の女の子はこんな思いしていないんだろうなと羨ましく思ったこともありました。そして気になるのは脱毛してもらった後、どれくらいで毛が生えていないということが実感できるのかということでした。ですがもう1本2本になるとほとんど気にせず毛抜きで抜く程度にまでなっていましたので、私の場合はいつの間にか終わっていたという感じがありました。

 

何はともあれ、脱毛できてよかったと思います。部位も恥ずかしい場所でしたが考えてみると広くはなく足1本を脱毛するよりはお金も時間もかからなかったのかもしれないと思います。施術してもらって正解でした。

 

その他永久脱毛に関する情報は、こちらでも詳しく掲載されているので是非ご参考までに 永久脱毛の取扱説明書

関連ページ

脱毛へ通うなら少し痛いですが医療脱毛!
まず私はエステサロンで脱毛しました。ですが効果はイマイチで調べていくうちに医療脱毛が良いとの情報をかぎつけたので、協立美容外科でレーザー脱毛をすることにしました。
部位によって医療脱毛を使い分ける
医療脱毛はとても効果が高いので脱毛しにくい部位だけ医療脱毛をおこなうというのも手です。それ以外の比較的効果が出やすい部位は光脱毛でやると安いですよね。
濃いムダ毛はサロンではなく医療脱毛で
エステでもクリニックでも脱毛をしたことがありますが、濃いムダ毛に関しては必ず医療脱毛をしたほうが効果も早く、そしてしっかり脱毛することができます。
医療脱毛で完璧な脱毛
より完璧にムダ毛を綺麗に脱毛するためには医療脱毛が最適です。エステなどではなく、皮膚科で医師によって施術をおこなえるので、のちのケアや肌への負担なども最小限に抑えることができます。
永久脱毛するのに医療脱毛がいい理由
私は脱毛サロンと医療クリニックの二つで脱毛しようと思ったときに悩みました。値段だけで考えるとサロン一択なのですが、もろもろ考えた結果クリニックに決めました。